静岡 外壁打診調査ロープ高所作業

ご無沙汰しており申し訳ありませんでした。
久しぶりにUPさせて頂きます。先日静岡市内の外壁調査に伺いました。当日はシティマラソンの日程とかぶり大勢のみなさんが走っている様子を伺いながら外壁調査を行ってきました。当日はたくさんの人が参道に集まり多くのボランティアの方々も参加され町全体がとても活気にあふれ、私共も元気を頂いて帰ってまいりました。
huji.jpg

外壁全面打診 & マイクロスコープ

今回の調査はせっ器質の小口タイルの調査を行ってきました。

築年数も経過しており、調査前にもタイルの剥落が確認しておりましたが、

やはり調査中にも何枚か剥落してしまいました。

タイルの浮きには何層かあるのはご存知でしょうか

『躯体と下地モルタルの浮き』
躯体と呼ばれるコンクリート構造に下地モルタルを塗りつけるのですが、この躯体と下地モルタルの間で浮きが発生しているもの。

『タイルと貼付けモルタルの浮き』

タイルを貼り付ける為にモルタルを塗り付けてタイルを貼りますが、このタイルとモルタルの間で浮きが発生しているもの。

他にも下地モルタルの層間で浮いているものだったりと、現地で調査をしていると様々です。

下記の写真の剥落は、タイルと貼付けモルタルの浮きが原因で剥落していますが、同じ場所で下地モルタルと躯体との間で浮いている場合もあります。

P7060017.JPG

このような様ざまなタイルの変状に対処するためにも、まずは現状把握をしなければいけないという事で、マイクロスコープにて内部の様子を確認します。

タイルから約20㎜の位置でタイルの浮きを確認そして、55㎜の位置で更に浮きが発見されました。

タイルの厚み20㎜で下地モルタルが55㎜、構造体コンクリートに最低でも20㎜は呑み込み深さが必要であるので80㎜以上の穿孔が必要になってくる事が分かったわけです。

また、タイルの浮きが2層又は3層以上での浮きが発生している個所が混在していることも分かりましたので、後は改修方法の検討です。


maikuroscop.jpg


この様な調査でタイルの変状箇所の特定及び状況確認により、

維持管理費の最小化 と 費用対効果の最大化 に必ず役立てられます。

先日、マンションの理事長様とお話をさせて頂きましたがお仕事がコンサル業務という事もあり調査費用は必ず還ってくると豪語して頂きました。

悶悶と思っていたことを言葉にして頂きとても驚きました。

適正な現状把握により必ず、適切な施設運営に役立てられると思います。

『何処よりも正確に、何よりも安全に』

最後まで長文有難うございました。

ホテル外壁全面打診調査

P5268399.JPG

定期点検でクラックや、剥落箇所が発見されたとの事で改めて全面調査との要望により外壁打診調査に伺いました。
今回、築9年と定期点検報告まで期間はあったのですが剥落事故があってからではいけないという事で外壁調査を早めに決断したそうです。有難うございます。

調査方法として、赤外線装置法と全面打診調査での見積提出を希望されており両方提出させて頂き検討して頂きました。

費用面でも少し協力させて頂きましたが、最終的に剥落事故防止が目的でしたので打診調査にて決定!

今回は二人で調査させて頂きました。有難うございました!

外壁全面打診調査だけでも大丈夫?

kanagawa.JPG


今回、定期点検のご依頼では無く外壁改修前の調査として外壁全面打診を行ってきました。

施主さまのご希望により、改修工事の事前調査という事で建設会社様よりご依頼頂きました。


今回の様なご依頼の中で、

『調査だけでも大丈夫ですか?』

『報告書は資料として活用出来ますか?』 

と聞かれることがあります。

専門事業部として行っておりますので、

全然問題ありません

当社が塗装会社という事もあり改修工事を前提での調査ではという事で、

ご心配されるのだと思いますが、

外壁全面打診調査の普及を願っておりますのでどしどし活用願います。

『何よりも安全に、何処よりも正確に』

現場に忠実な報告をさせて頂きます。

やっぱり外壁全面打診調査

P3127717.JPG

外壁タイルの全面打診調査に伺いました。ところどころ浮きやひび割れも確認出来ましたが、

一部の壁面にて打診調査の打診だけでタイルの剥落がありました。

一部のタイルですがびっくりしました。しかし、調査中に発見できて

尚且つ撤去する事が出来たので良かったです。

本当、いつ落ちてもおかしくない状態でしたので良かった良かった!

やっぱり全面打診調査だと改めて思いました。

これから外壁調査ご検討の方、コスト面では少し気になる所だと思いますが

事故や災害に比べたら非常に安価なコストです。

また、正確な状況把握により補修工事においても適正な判断が出来るため最終的には

コスト軽減になるはずですよ。

災害ゼロに向けて、全面打診調査の普及にご協力を願います!

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

営業エリア
■静岡県全域・愛知県全域・東京都内・神奈川県全域・三重県全域・岐阜県全域
(浜松市・磐田市・掛川市・袋井市・湖西市・御前崎市・菊川市・静岡市・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・沼津市・熱海市・三島市・富士宮市・伊東市・富士市・御殿場市・裾野市・伊豆市・伊豆の国市・下田市・東伊豆市)
(名古屋市・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・春日井市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清洲市・北名古屋市・弥冨氏・みよし市・あま市・長久手市)
(足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・江東区・北区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区)
(横浜市・川崎市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町・相模原市・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・小田原市・南足柄市)
(津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市・鈴鹿市・名張市・尾鷲市・ 亀山市・鳥羽市・熊野市・いなべ市・志摩市・ 伊賀市)
(岐阜市・大垣市・高山市・多治見市・関市・中津川市・美濃市・瑞浪市・羽島市・恵那市・美濃加茂市・土岐市・各務原市・可児市・山県市・瑞穂市・飛騨市・本巣市・郡上市・下呂市・海津市)

お問合せフォーム